• 渡邊 優

昨日、明らかに嫌われたな・・・と思う体験をしました。

相手のある事なので、詳しいことはここでは割愛しますが、

私の中の「嫌われたくない」という黒パターンは当然騒ぎ、ショックを受け、傷つき、悲しくなる。

このような体験を一通りしてから、全てのワークを駆使して自分を立て直し、最後に見えてきた白パターンは、「嫌われた事実を受け止められる自分になろう」でした。

その中にいると、いやに腹落し、腹が据わる、肝が据わるという、堂々とした潔さを感じました。


過去の自分であれば、他人に自分の正当性(嫌われる筋合いはない)を聞いてもらい、慰めてもらいながら、傷ついた自分をどうにかして立て直していました。

または、嫌い返したりしながら、目の前の事実を受け止めようとはしませんでした。


今は、この嫌われる経験を通して、自身に人間的な成長を感じられたり、ほんの少し強くなれたりする自分を感じます。

そう思うと、この嫌われる経験を与えてくれた相手に感謝すら覚えます。

不思議なものです。

過去の自分であれば、憎しみや恨みすら感じる相手に対して、今では感謝に変わるという、本当に変わった体験をしています。


こんな新たな体験に感謝です。



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ