top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日、明らかに嫌われたな・・・と思う体験をしました。

相手のある事なので、詳しいことはここでは割愛しますが、

私の中の「嫌われたくない」という黒パターンは当然騒ぎ、ショックを受け、傷つき、悲しくなる。

このような体験を一通りしてから、全てのワークを駆使して自分を立て直し、最後に見えてきた白パターンは、「嫌われた事実を受け止められる自分になろう」でした。

その中にいると、いやに腹落し、腹が据わる、肝が据わるという、堂々とした潔さを感じました。


過去の自分であれば、他人に自分の正当性(嫌われる筋合いはない)を聞いてもらい、慰めてもらいながら、傷ついた自分をどうにかして立て直していました。

または、嫌い返したりしながら、目の前の事実を受け止めようとはしませんでした。


今は、この嫌われる経験を通して、自身に人間的な成長を感じられたり、ほんの少し強くなれたりする自分を感じます。

そう思うと、この嫌われる経験を与えてくれた相手に感謝すら覚えます。

不思議なものです。

過去の自分であれば、憎しみや恨みすら感じる相手に対して、今では感謝に変わるという、本当に変わった体験をしています。


こんな新たな体験に感謝です。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page