• 渡邊 優

昨日、明らかに嫌われたな・・・と思う体験をしました。

相手のある事なので、詳しいことはここでは割愛しますが、

私の中の「嫌われたくない」という黒パターンは当然騒ぎ、ショックを受け、傷つき、悲しくなる。

このような体験を一通りしてから、全てのワークを駆使して自分を立て直し、最後に見えてきた白パターンは、「嫌われた事実を受け止められる自分になろう」でした。

その中にいると、いやに腹落し、腹が据わる、肝が据わるという、堂々とした潔さを感じました。


過去の自分であれば、他人に自分の正当性(嫌われる筋合いはない)を聞いてもらい、慰めてもらいながら、傷ついた自分をどうにかして立て直していました。

または、嫌い返したりしながら、目の前の事実を受け止めようとはしませんでした。


今は、この嫌われる経験を通して、自身に人間的な成長を感じられたり、ほんの少し強くなれたりする自分を感じます。

そう思うと、この嫌われる経験を与えてくれた相手に感謝すら覚えます。

不思議なものです。

過去の自分であれば、憎しみや恨みすら感じる相手に対して、今では感謝に変わるという、本当に変わった体験をしています。


こんな新たな体験に感謝です。



最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、