• 渡邊 優

ふとした想定外のことが起こりました。

先日、車が突然動かない、という状況になったのです。

バッテリーが上がってしまい、キーも開かない、車がウンともスンともいわない状態になってしまったのです。しかし今回は、前回のダウンが飛んでいってしまった想定外の時とは違って淡々と対処ができました。


じゃあ前回と今回、何が違うのか考えてみました。

今回はバッテリーを誰かに繋いで貰えばすぐに直る問題で、前回は私が大切にしているもの、気に入っているものがなくなる焦り、不安、恐れ、そういったものがあったのだと思います。

大切なものを失いたくない、この黒パターンだっと思います。


正直、この執着は結構強いと思う。

自分の大切にしている家族、友人、彼女、お金、家や持ち物、そして命、きっとそういった執着が私にはあって、それらを失いそうなとき、このパターンが騒ぐのだと思いました。


以前、数ヶ月前の勉強会で仲間が「大切な存在を失うことがあるということをありのままに受け止めよう」という白パターンの話をしてくれました。

少しづつでも、その白パターンを選んでいけたらいいと思います。


「失う恐怖」これは、自分の課題の一つだと思う。




最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで