top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ふとした想定外のことが起こりました。

先日、車が突然動かない、という状況になったのです。

バッテリーが上がってしまい、キーも開かない、車がウンともスンともいわない状態になってしまったのです。しかし今回は、前回のダウンが飛んでいってしまった想定外の時とは違って淡々と対処ができました。


じゃあ前回と今回、何が違うのか考えてみました。

今回はバッテリーを誰かに繋いで貰えばすぐに直る問題で、前回は私が大切にしているもの、気に入っているものがなくなる焦り、不安、恐れ、そういったものがあったのだと思います。

大切なものを失いたくない、この黒パターンだっと思います。


正直、この執着は結構強いと思う。

自分の大切にしている家族、友人、彼女、お金、家や持ち物、そして命、きっとそういった執着が私にはあって、それらを失いそうなとき、このパターンが騒ぐのだと思いました。


以前、数ヶ月前の勉強会で仲間が「大切な存在を失うことがあるということをありのままに受け止めよう」という白パターンの話をしてくれました。

少しづつでも、その白パターンを選んでいけたらいいと思います。


「失う恐怖」これは、自分の課題の一つだと思う。




最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page