• 渡邊 優

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。


日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。

その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。


自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。


長いものには巻かれろという諺がありますが、私の見てきた世界は結構そういった部分が大きかったです。理不尽な上司や会社、取引先、そんな世界に不満を持ちながら自分を殺して仕事をする。それが今の社会やサラリーマンでもあると思います。だからこそ、そんな半沢直樹の長いものに巻かれない生き方が私には眩しくカッコよく見える。


そんな半沢直樹ですが来週はついに最終回。

政治家と頭取に盾をつき最後まで自分の信念を貫いた直樹の最後の戦いです。

頑張れ直樹!負けるな直樹!


半沢直樹にはなれないけど、自分の信念や哲学は持ちたいものです。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。