top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を創造するのって、面白いです。

今までは周りを創造すること、お金を得ることや、家を買うこと、車やその他の持ち物、もしくは何かを習得したり、何かができるようになること、そういうことが、創造することだと思っていました。


しかし今やっていることは、自らの意識を創造すること。

そんなことができるなんて、普通考えもしないと思いますし、私自身、そんな発想すらありませんでした。そもそも私自身、これが俺だ!と思っていましたし・・


しかし今毎日やっているのが、その意識の創造です。

しかも少しづつですが、できるようになってきている。

それがどういうことなのか、言葉で説明するのは本当に難しいです。自ら自分の在り方を選ぶという体験を通してからじゃないと、この言葉の意味は伝わりづらい気がします。


一言でいうなら、自分の意識(在り方)を選択して、自分自身を創造していく。

しかも簡単そうで難しく、しかし一度味わってしまうと病みつきになる。ここがミソなんです。病みつきになるってところ。ひとえに感覚の世界なんですが、そこにはいい感覚があって、その感覚の世界に常に居たいと思うんです。そのためには、良い意識でいることが必要になってきて、だから選択し続けることが重要になってくるんです。


今日も面白いくらい選択の機会は多々ありました。

上手く選択できた時もあれば、なかなか難しいな、と思う時もあって、そんな機会があるからこそ、自分を創造することができます。ということはこの物質世界が一番の、選択の機会に恵まれているということなのだと思いました。きっと僕らは皆んな恵まれてるんだよ。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page