top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を創造するのって、面白いです。

今までは周りを創造すること、お金を得ることや、家を買うこと、車やその他の持ち物、もしくは何かを習得したり、何かができるようになること、そういうことが、創造することだと思っていました。


しかし今やっていることは、自らの意識を創造すること。

そんなことができるなんて、普通考えもしないと思いますし、私自身、そんな発想すらありませんでした。そもそも私自身、これが俺だ!と思っていましたし・・


しかし今毎日やっているのが、その意識の創造です。

しかも少しづつですが、できるようになってきている。

それがどういうことなのか、言葉で説明するのは本当に難しいです。自ら自分の在り方を選ぶという体験を通してからじゃないと、この言葉の意味は伝わりづらい気がします。


一言でいうなら、自分の意識(在り方)を選択して、自分自身を創造していく。

しかも簡単そうで難しく、しかし一度味わってしまうと病みつきになる。ここがミソなんです。病みつきになるってところ。ひとえに感覚の世界なんですが、そこにはいい感覚があって、その感覚の世界に常に居たいと思うんです。そのためには、良い意識でいることが必要になってきて、だから選択し続けることが重要になってくるんです。


今日も面白いくらい選択の機会は多々ありました。

上手く選択できた時もあれば、なかなか難しいな、と思う時もあって、そんな機会があるからこそ、自分を創造することができます。ということはこの物質世界が一番の、選択の機会に恵まれているということなのだと思いました。きっと僕らは皆んな恵まれてるんだよ。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page