• 渡邊 優

個の時代が、益々はっきりしてくると思いました。


テレワークで会社に行かなくても良い環境になりつつあり、人と会う機会も減り、距離も遠くなる。

物理的にも心理的にも。


そんな時に大切になってくるのが自分の哲学だと思いました。

自分の哲学を持って生きていけば、外部要因に変化があろうと、軽やかに生きて行けると思います。


それは他と協調しなくなったり、他を尊重しないということではなく、自分の生き方や在り方を良き方向に示してくれる新たなる指針です。

今はまさに、その方向性を根本的に見直す良い機会にも思います。


自分に対しての優しい哲学もいいと思います。

もうそんなに怖がらなくてもいい、もうそんなに怯えなくてもいい、もしかしたら自分は大丈夫かもしれない、などなど。

自分に対しての優しい言葉は、他人にも優しくなれるから。


自分の世界をどうぞ優しくして下さい。



最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com