• 渡邊 優

他人との関係って、結構あっけないものなのかもしれないと思いました。

それは大切にされたい、認められたい、必要とされたい、愛されたい、などのパターンを他人から満たさなくてもよくなったとき、きっと本当の意味で、他人を尊重できる関係性なのだろうと思います。

それはもう、他人によって自分を証明しなくてもよい、依存しない関係なのだと思います。


今思い返すと、強いグループや力のある人につくことで自分の弱さを補填したり、誰かに認められることで安心したり、君なら大丈夫だよと言われることで自信がつくなど、あらゆるところで他人を使っていたと思います。


それらは全てパターンが納得するものであり、本当の「私」がちゃんとパターンを理解してあげられたなら、パターン達は他人に頼らずともきっと安心して生きていけるのだろうと思うのです。

そうやって自分とパターンを尊重できるようになったとき、本当の意味で他人を尊重できるのだろうと思いました。


人には人の、それぞれの家庭、仕事、人生があり、それらを尊重できたときに一定の距離が保たれ、その距離がパターンと私の距離と同じように、他を尊重するのには必要な距離なのだと思いました。

そんな良いあっけなさが、人間関係なのかも。


最近の私の人間関係を見ながら、そんな気がしました。

最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com