top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

他人との関係って、結構あっけないものなのかもしれないと思いました。

それは大切にされたい、認められたい、必要とされたい、愛されたい、などのパターンを他人から満たさなくてもよくなったとき、きっと本当の意味で、他人を尊重できる関係性なのだろうと思います。

それはもう、他人によって自分を証明しなくてもよい、依存しない関係なのだと思います。


今思い返すと、強いグループや力のある人につくことで自分の弱さを補填したり、誰かに認められることで安心したり、君なら大丈夫だよと言われることで自信がつくなど、あらゆるところで他人を使っていたと思います。


それらは全てパターンが納得するものであり、本当の「私」がちゃんとパターンを理解してあげられたなら、パターン達は他人に頼らずともきっと安心して生きていけるのだろうと思うのです。

そうやって自分とパターンを尊重できるようになったとき、本当の意味で他人を尊重できるのだろうと思いました。


人には人の、それぞれの家庭、仕事、人生があり、それらを尊重できたときに一定の距離が保たれ、その距離がパターンと私の距離と同じように、他を尊重するのには必要な距離なのだと思いました。

そんな良いあっけなさが、人間関係なのかも。


最近の私の人間関係を見ながら、そんな気がしました。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page