top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

主体的とは

他に強制されたり、盲従したり、また、衝動的に行なったりしないで、自分の意思、判断に基づいて行動するさま。コトバンクから。


主体的に生きることはとても大事だと思います。

他や皆んなに合わせたり、顔色を伺うことなく、自分で考えて、自分で判断する。そうやって自分で決めていくことが、自分をつくる上で大事なことかと思いました。


もちろん、間違った判断やミスはあります。しかし、その間違いや判断ミスも全て自分で決めたことなので、全て自分の地と肉になっていきます。きっともう同じ間違いはしないでしょう。


しかし多くの人が、あの人からこんなことを聞いた。もしくは今までがそうだったからといって決めていきます。しかしそれではいつまで経っても結果を自ら引き受けるという体験には結びつきません。やもすると他人のせいにします。


主体性とは、他人や過去からではなく、自分がどうしたいのか。

黒パターンが求めるそれではなく、私が行う決断と判断。そういうことから、覚悟を持つこと、引き受けて生きることが育つのだと思います。


自ら選択することは、そういうところも育んでいくのです。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page