• 渡邊 優

一生懸命になろう。

人は、一生懸命な姿を見ているんだと、先日のバレエのクラスで教わりました。

それは、上手とか、下手とかの話ではなくて、そのものとの向き合い方。


たまたま先日、時間を間違い、気づかずに1時間早くバレエスタジオに着いてしまいました。

クラスの先生はポアントの上級を指導していました。

「いいわ、途中だけど今日はこのクラスに入りなさい。そのあとのクラスも受けるでしょ」と言われ、かなりレベルの高い指導を受けましたが、当然ついて行けません。全てのレベルが高く、全くと言っていいほど歯が立たない状態だったのです。もちろん自分が出来るとは全く思っていませんが、レベルの違いをまざまざと突きつけられた瞬間でした。


それでも泣き言など言っている暇はありません。

始まった以上やるしかない・・・

とにかく必死についていく(ついて行けてないけど食らいついて行く)そんな状態でした。

どれだけ不格好でも一生懸命必死にやる。ただただ頑張ってみる。


先生は、「やる気あるわね」と言っていましたが、とにかくただ必死だったのです。

人って慣れてくると、それがどこか表に出てきます。

もう何年やっているとか、これだけ頑張ってきたとかのパターンが顔を出すのだと思う。

「いいからとにかくやる」初心に戻る、というより常に初心でいる。

そこに引き戻される良き体験でした。



最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると