• 渡邊 優

一生懸命になろう。

人は、一生懸命な姿を見ているんだと、先日のバレエのクラスで教わりました。

それは、上手とか、下手とかの話ではなくて、そのものとの向き合い方。


たまたま先日、時間を間違い、気づかずに1時間早くバレエスタジオに着いてしまいました。

クラスの先生はポアントの上級を指導していました。

「いいわ、途中だけど今日はこのクラスに入りなさい。そのあとのクラスも受けるでしょ」と言われ、かなりレベルの高い指導を受けましたが、当然ついて行けません。全てのレベルが高く、全くと言っていいほど歯が立たない状態だったのです。もちろん自分が出来るとは全く思っていませんが、レベルの違いをまざまざと突きつけられた瞬間でした。


それでも泣き言など言っている暇はありません。

始まった以上やるしかない・・・

とにかく必死についていく(ついて行けてないけど食らいついて行く)そんな状態でした。

どれだけ不格好でも一生懸命必死にやる。ただただ頑張ってみる。


先生は、「やる気あるわね」と言っていましたが、とにかくただ必死だったのです。

人って慣れてくると、それがどこか表に出てきます。

もう何年やっているとか、これだけ頑張ってきたとかのパターンが顔を出すのだと思う。

「いいからとにかくやる」初心に戻る、というより常に初心でいる。

そこに引き戻される良き体験でした。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で