• 渡邊 優

一生懸命になろう。

人は、一生懸命な姿を見ているんだと、先日のバレエのクラスで教わりました。

それは、上手とか、下手とかの話ではなくて、そのものとの向き合い方。


たまたま先日、時間を間違い、気づかずに1時間早くバレエスタジオに着いてしまいました。

クラスの先生はポアントの上級を指導していました。

「いいわ、途中だけど今日はこのクラスに入りなさい。そのあとのクラスも受けるでしょ」と言われ、かなりレベルの高い指導を受けましたが、当然ついて行けません。全てのレベルが高く、全くと言っていいほど歯が立たない状態だったのです。もちろん自分が出来るとは全く思っていませんが、レベルの違いをまざまざと突きつけられた瞬間でした。


それでも泣き言など言っている暇はありません。

始まった以上やるしかない・・・

とにかく必死についていく(ついて行けてないけど食らいついて行く)そんな状態でした。

どれだけ不格好でも一生懸命必死にやる。ただただ頑張ってみる。


先生は、「やる気あるわね」と言っていましたが、とにかくただ必死だったのです。

人って慣れてくると、それがどこか表に出てきます。

もう何年やっているとか、これだけ頑張ってきたとかのパターンが顔を出すのだと思う。

「いいからとにかくやる」初心に戻る、というより常に初心でいる。

そこに引き戻される良き体験でした。



最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、