• 渡邊 優

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。

勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。


後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分が思い込んでいたことだとわかるのは、いつも後の祭りでした。それほどパターンというのは自分を支配してきたのだなと実感します。


そう考えると、私は人よりも思い込み(パターン)が強いのかもしれません。

それゆえに、こういった学びは必須なのだと思いました。


一人相撲、相手もいないのに勝手に暴れまわってのたうち回る。

そして原因はいつも自分。しかし、あいつのせいだと、人のせいにしてきたことも多々ありました。

一人相撲は辛い、今でもそうなることはあるし、これからもきっとあると思う。

けれど、せめて自分の問題として引き取っていくことだけは、自分の責任として果たしていきたいと思いました。今日もパターンと共に。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで