top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は同じ道場の仲間との勉強会でした。

スマホでのオンライン参加も相まって、便利な世の中だと実感した次第です。


沖縄と関東という距離はあっても、すぐ側でともに学ぶことができるのです。

多少なりとも不便はありますが、それでも移動の労力を考えればオンラインは従分使えるツールだと思いました。滞りなく勉強会が行われてよかったです。


そして今回思ったのが、茅ヶ崎グループが一つの丸になっているということ。

皆んなが、私が私が、俺が俺がとならずに、各々の話をちゃんと聞き、そして意見を言い、それを素直に受け取っている様相が一つの丸になっていると思ったのです。

本来人間関係とはこういうものではないかと思いました。

勝ち負けや損得に縛られずに、そのままの自分とあなたで付き合う。

パターンはパターンとして自分の問題として引き受け、その前提で他とも向き合うという姿勢です。

その土台があるからこそ、一つの丸が作れるのだと思いました。

それだけ相手を大切にしているのだと思います。


そんなことを感じ取れた勉強会でした。


また次回もお願いします。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comentarios


bottom of page