top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

『私のマントラ』

今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。

しかしそれは、〜さんのせいではありません。

私が自分のパターンをケアしていなかったからです。

これから、そのパターンをケアしていきます。

〜さん、ありがとうございました。


あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。

そしてとても不思議なんですが、暴れていたパターンがすぅ〜っと落ち着きます。ということは、真理なんです。相手の問題ではなく、自分の問題だということが体験として解ります。

それからパターンのケア(語りかけ)に取り掛かります。


私はまだまだあの人がああ言ったから、こう言ったからという領域から直ぐに出ることができません。一連のワークをやってやっと腑に落ちる状態です。

しかしこのマントラは一発で、あっ、そうなのかと教えてくれます。かといってパターンがケアされるわけではないのですが、自分の問題だということを明らかに教えてくれるんです。体で。


これはいい、使える。

当分続けていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page