top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優



いつにも増して、暖かい12月。

まるで初夏のような空の青さに高さ。


誰もいない整備されたグラウンドを見つけました。

足跡一つないサークルの盛り上がりを見せるピッチャーマウンドは、随分と凛としているようにも見えます。

気持ちいい!

それに誰もいない球場の静けさは、マウンドの上でゴロゴロしたい気持ちになるし、一番最初に足跡をつけたくもなる。

駆け回りたい!


昼休みに、こんないい場所を見つけられて感謝です。

高所での作業から一転して見ると、大地に根を張るっていいなと思います。

安心感や安らぎ、力強さに寛大さを感じます。

天の雄大さを感じました。


しかし疲れ過ぎて思考が働かない…

今日はこのへんで。


最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page