top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を見ていて最近思うのが、プライドって厄介だな〜と思うんです。

私の場合、間違いやミスをしたとき、いつまで立ってもウジウジとそのことを考えて、自分を責めるんです。プライドというパターンが自分を許さないんですね。プライド自体が自分のハードルを上げているので、プライドにそぐわない自分に対しては、自分はダメだと言って自分を責め、傷つけます。もしかしたら自分はダメだと言っていたパターン自体が、プライドだったのかもしれません。


最近そのことに気づいてからは、ミスや間違いをした際は「今度からは気をつけよう」それだけに止めるようにしています。その方がよっぽど健全で、正しく生きていかれる気がします。それは過去にとらわれずに、今選ぶものとこれからの自分を優先しているので、心身が前向きになれるんです。


何となくですが、昭和の日本人には「反省することの美学」があるような気もします。

昔の学校では、反省のために廊下に立たされたり、反省文なるものを長々と書かされたのを覚えています。きっとそんな色々な体験から、長く反省することが良いことだと意味付けしてきたのかもしれません。反省は大事です。しかし反省しすぎるのも、自分を停滞させる原因となります。


反省は一回ちゃんとしたら、もう次に進むのが本来の在り方だと思いました。

私の場合、プライドというパターンはあらゆる自分に波及しています。

その一つ一つをしっかり見て、あらゆるワークや手法を使いながら、逃げずに向き合っていくことが、大事なことだと思いました。



最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page