top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

その昔仕事が忙しすぎた時、自分の時間が全くなくなり、何のための仕事なんだと悩み、一杯一杯になったことがあります。そして仕事を辞めて遊んでばかりいると、今度はその遊びが楽しくなくなりました。あれほど求めていた遊びが、楽しくなくなるのです。全てはバランスなんだと思いました。大変なことがあって、息抜きがある。だからその息抜きも全力で楽しめるし、その価値が分かるのだと思います。


心の中も全く同じで、バランスが大事なのだと思いました。

競争社会で培った、勝ち負け、上下、優劣という比較にいると、優越感と劣等感に振り回されて心身を蝕み、苦しみやストレスへと変わります。また全てが楽しみや喜びだけでいると、自らの成長を感じられなくなり、物足りなくなります。


そして最近思うのは、挑戦するするための行動力や意志力、そういったバイタリティは楽や遊びからは得られません。甘んじているだけでは成長できないのだと思いました。


意識を持ってバランスを保ちながら、挑戦していこうと思います。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page