• 渡邊 優

昨日は上野の森美術館のゴッホ展に行って来ました。

絵画に無知な私でも、実物の糸杉の迫力に感動。


今回のゴッホ展はゴッホを知らない方でも楽しめるように、時系列で弟テオへの手紙が貼られていたりと、ゴッホの心情や考えている人物像が出てきて楽しめます。


前期の茶色い農民たちを描いた作品から、後期の色鮮やかな作品になる過程がよくわかって良い展示でした。

特にアルルからの、印象派のカラフルな色彩を取り込んでいった絵が私は好きです。


拳銃自殺をする前の作品に書かれていた、弟テオへの手紙に、

「そうだ、僕は絵に命を懸けた。そのために半ば正気でなくなっている。それも良いだろう。」

命を懸けるほどの絵に対する情熱、一体どんな思いで描いていたのだろうと想像をかき立てられます。

正気に戻った時の絵に、主治医も驚かされたと書いてありました。

正気と正気じゃない時って一体どんな心情だったんだろう。

手紙がリアルで、ハラハラドキドキする展示でした。


命を懸けるほどの境地、経験してみたいです。





最新記事

すべて表示

思い通り

パターンはとにかく自分の思い通りにしたい。 外側の世界(人間関係)も、自分自身も、この社会も、何もかも全て思い通りにしたいんだと思います。そうすればストレスから解放され、苦しむことも辛いこともなく、楽で楽しいことだけで生きていける。そんな思い通りの人生となるように日々戦い続け努力する。それがパターンの心の叫びなんだと思います。 この思い通りにしたがるパターンは、非常に自己中心性が強く利己的なパター

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com