• 渡邊 優

昨日は上野の森美術館のゴッホ展に行って来ました。

絵画に無知な私でも、実物の糸杉の迫力に感動。


今回のゴッホ展はゴッホを知らない方でも楽しめるように、時系列で弟テオへの手紙が貼られていたりと、ゴッホの心情や考えている人物像が出てきて楽しめます。


前期の茶色い農民たちを描いた作品から、後期の色鮮やかな作品になる過程がよくわかって良い展示でした。

特にアルルからの、印象派のカラフルな色彩を取り込んでいった絵が私は好きです。


拳銃自殺をする前の作品に書かれていた、弟テオへの手紙に、

「そうだ、僕は絵に命を懸けた。そのために半ば正気でなくなっている。それも良いだろう。」

命を懸けるほどの絵に対する情熱、一体どんな思いで描いていたのだろうと想像をかき立てられます。

正気に戻った時の絵に、主治医も驚かされたと書いてありました。

正気と正気じゃない時って一体どんな心情だったんだろう。

手紙がリアルで、ハラハラドキドキする展示でした。


命を懸けるほどの境地、経験してみたいです。





最新記事

すべて表示

あらゆる執着が!

今、自分の語りかけを見てみるとあらゆる執着が転がっている。 お金への執着、異性への執着、趣味、物質、プライド、など。 これを持っているから安心できる、人より上だと思える、幸せだと思える、満足できる、優越感を感じられる。それらは他との比較や評価であり、またそれがないと生きて行けないとさえ思ってしまうほどのもの。 これらは全てパターンが思っていることですが、特にお金と異性への執着は強く、今思い返すとこ

どんな時でも真摯に。

今日から少しづつ「一人でも生きていける自分になろう」を選んでいます。 選んでいる感覚としては、体の奥の方から湧き上がる気力と生命力を感じます。また同時に、怒りが込み上げてきました。それは、今まで自分を大事にしてこなかったことに対する怒りです。ここでの大事にするとは、もっと、自分の正直な気持ち、思いを言っていいということです。それをせずに他人に合わせたり、パターンが傷つかないようにするために自分を明

初めての衝動

自分を引き上げたい。何が何でも、何としてでも、引き上げたい。心底そう思いました。自分が上がれば誰からも危害がなく、嫌な事もなく、不快にもならず、良い事尽くめだから。という事ではない、腹の底から湧き上がる衝動として、自分を引き上げていきたい。そう思ったのです。 それは、自分を大事にすること、自分を信じること、自分を認めること、自分を許すこと、自分を愛すること、そのように自分を扱って行くことは、自分に

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com