• 渡邊 優

昨日は上野の森美術館のゴッホ展に行って来ました。

絵画に無知な私でも、実物の糸杉の迫力に感動。


今回のゴッホ展はゴッホを知らない方でも楽しめるように、時系列で弟テオへの手紙が貼られていたりと、ゴッホの心情や考えている人物像が出てきて楽しめます。


前期の茶色い農民たちを描いた作品から、後期の色鮮やかな作品になる過程がよくわかって良い展示でした。

特にアルルからの、印象派のカラフルな色彩を取り込んでいった絵が私は好きです。


拳銃自殺をする前の作品に書かれていた、弟テオへの手紙に、

「そうだ、僕は絵に命を懸けた。そのために半ば正気でなくなっている。それも良いだろう。」

命を懸けるほどの絵に対する情熱、一体どんな思いで描いていたのだろうと想像をかき立てられます。

正気に戻った時の絵に、主治医も驚かされたと書いてありました。

正気と正気じゃない時って一体どんな心情だったんだろう。

手紙がリアルで、ハラハラドキドキする展示でした。


命を懸けるほどの境地、経験してみたいです。





最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価