top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は上野の森美術館のゴッホ展に行って来ました。

絵画に無知な私でも、実物の糸杉の迫力に感動。


今回のゴッホ展はゴッホを知らない方でも楽しめるように、時系列で弟テオへの手紙が貼られていたりと、ゴッホの心情や考えている人物像が出てきて楽しめます。


前期の茶色い農民たちを描いた作品から、後期の色鮮やかな作品になる過程がよくわかって良い展示でした。

特にアルルからの、印象派のカラフルな色彩を取り込んでいった絵が私は好きです。


拳銃自殺をする前の作品に書かれていた、弟テオへの手紙に、

「そうだ、僕は絵に命を懸けた。そのために半ば正気でなくなっている。それも良いだろう。」

命を懸けるほどの絵に対する情熱、一体どんな思いで描いていたのだろうと想像をかき立てられます。

正気に戻った時の絵に、主治医も驚かされたと書いてありました。

正気と正気じゃない時って一体どんな心情だったんだろう。

手紙がリアルで、ハラハラドキドキする展示でした。


命を懸けるほどの境地、経験してみたいです。





最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page