top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私の「地位と権力と財力には価値がある」このパターンはとても怖がりです。

なぜなら、地位と権力と財力があれば馬鹿にされないし、舐められないし、負けないし、嫌な思いをしなくて済むと思っています。傷つくのが怖いんですね。地位と権力と財力が自分を守る鎧になると信じているんです。更に言うなら、それがあれば思い通りに生きられると思っています。ですが、そもそも思い通りに行かないのがこの世界なんだと思います。思い通りにできないものを、必死に思い通りにしようと目の前の流れに抵抗するから、私は随分と苦しみました。まるで川の流れに逆らうように生きていたんです。


このそもそもの部分、抗えないもの、変えられないものとは何だろう?

そして本当に価値あるものとは何だろう?

そんなことを考えていました。


一つ目の変えられないものは、自分の中にあるものをあるものとして、変えようとしないということ。

そして二つ目の抗えないものとは、それは、絶対に抗えない法則がこの世にはあって、それに反する想いや思考は必ず苦しみになるということを経験則として学びました。であるならば、その法則に則って生きればいいし、自分の中もあるものとして認めればいい。


そのためのワークがここにはあるし、ならそれを信じてやればいい。

そもそもを信じて。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page