top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

そうか、そういうことか!

先日のバレエレッスン中に思ったことです。

白の世界にいるということは、バレエの1つの技を完璧ににマスターすることのように意識を集中し、長い年月をかけて自分のものにしていくことなのかと、レッスン中に思ったのです。

それには、毎日、毎分、毎秒、意識して、体に、脳に、細胞に染み込ませることかのごとく、それほどの集中力と根気が必要で、その一瞬一瞬を大事に、意識して白を選び続ければならないのだなと、理解に至ったのです。

今まで培ってきた自分の癖、日常、習慣、思考、それらを変容するというのは、時間と根気が必要で、それを行うには、こう在りたいと思う強い意志力と集中力、継続する力、その全てが必要なのだと腑に落ちたのです。


これは壮大なスケールでの出来事なのかもしれないと、そう思い関心した次第でした。





最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page