top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

この学びをしていると、自分の黒パターンに気づき、新たな白パターンへと選び変える決心をすると、なぜかその練習問題が次々と訪れてきます。まさに学びのあるあるです。普段であれば、うわ!面倒だな、と思うことでも、これも一つの好機と捉え、今まさに、自分のプライドだったり、俺様だったり、はたまた女性より男性のほうが上、というパターンと向き合い、そこから降りて新たな白パターンを選ぶ特訓をしています。


面白いことに毎日その機会が訪れてきて、まさにゲーム感覚で次々とクリアーしていく感覚を楽しんでいます。そしてこうやって選べばいいんだと、初めて実感しています。

正直なところ、今まではまだまだ自分のプライドが邪魔をして、本当の意味で自分を変えることに抵抗を感じていました。それはまるで、今までの自分を否定するようで、自分にダメ出しをするようで、プライドというパターンが新たな白パターンを選ぶことを嫌がったのだと思うのです。


しかしプライドや俺様系のパターンから降りると、とてもライトに白パターンを選べます。

こうして自分のことを自分で選んでいかれる喜びや楽しさは、自分の中にこんな幸せがあるのだと初めて実感しました。


生きるって面白い。


今日もあるあるを体験してきます。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page