• 渡邊 優

今日はバレエレッスンの日でした。

そしてこの1月で、バレエを初めて5年目に突入です。

正直、まさかここまでやるとは思ってもいませんでした。いやマジで・・


今でもありありと思い出せます。バレエスタジオの門を叩いた日のことを・・・

スタジオの扉を開けた瞬間、そこには大人から子供までの沢山の女性がズラッと並んでいて(丁度センターレッスンをしていた時でした)扉を開けた私の方を全員が見て、全員と目があった気がしました。


全員が、誰こいつ、何しにきたの?・・そんな目で見られているような気がしたのです。

背筋が凍りました・・・俺、この中に入るの?これやるの??と・・・そして不安と恐怖から、そっと、ドアを閉めました。


「ダメだダメだ、行っちゃいけない!ここは俺の来るところじゃない!」どこからともなく、危険を知らせる声が聞こえてきたのです。そしたらドアの向こうから「体験の方ですよね!」という大きな声が聞こえてきました。そしてもう一度勇気を出して、それはそれは恐る恐る、そお〜〜〜っとドアを開けたのです。そしてさっきよりも更に生徒全員と目が合いました。


あっ、俺終わった。。。

これが私の、クラシックバレエの第一印象でした。


それは今までの自分が何一つ通用しない、全く敵わない場所だと解ったからです。

同時に、私のプライドというパターンがガラガラと音を立てて崩れていくのがわかりました。

そしてバレエスタジオに一歩入り、ドアを閉めました。

プライドを持っていた自分は既にどこにもおらず、借りてきた猫のように大人しく、緊張し、これからどこに行くんだ自分・・・そんな途方もない迷いと後悔がありました。

それが、私の初日だったのです。


それからというもの「時計を見るな!あくびをするな!もう一回!お腹を引き上げろ!つむじから上に引っ張られているように!」と、体育会系の指導を受けています。

しかしそれはバレエの技術だけではない、物事に対する向き合い方や学ぶ姿勢、人の在り方というものを学んでいる気がします。

おかけで私の、プライドという鎧も少しは壊れたと思います。


また今年一年も、しっかりレッスンを受けていこうと思いました。


最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で