top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日はバレエレッスンの日でした。

そしてこの1月で、バレエを初めて5年目に突入です。

正直、まさかここまでやるとは思ってもいませんでした。いやマジで・・


今でもありありと思い出せます。バレエスタジオの門を叩いた日のことを・・・

スタジオの扉を開けた瞬間、そこには大人から子供までの沢山の女性がズラッと並んでいて(丁度センターレッスンをしていた時でした)扉を開けた私の方を全員が見て、全員と目があった気がしました。


全員が、誰こいつ、何しにきたの?・・そんな目で見られているような気がしたのです。

背筋が凍りました・・・俺、この中に入るの?これやるの??と・・・そして不安と恐怖から、そっと、ドアを閉めました。


「ダメだダメだ、行っちゃいけない!ここは俺の来るところじゃない!」どこからともなく、危険を知らせる声が聞こえてきたのです。そしたらドアの向こうから「体験の方ですよね!」という大きな声が聞こえてきました。そしてもう一度勇気を出して、それはそれは恐る恐る、そお〜〜〜っとドアを開けたのです。そしてさっきよりも更に生徒全員と目が合いました。


あっ、俺終わった。。。

これが私の、クラシックバレエの第一印象でした。


それは今までの自分が何一つ通用しない、全く敵わない場所だと解ったからです。

同時に、私のプライドというパターンがガラガラと音を立てて崩れていくのがわかりました。

そしてバレエスタジオに一歩入り、ドアを閉めました。

プライドを持っていた自分は既にどこにもおらず、借りてきた猫のように大人しく、緊張し、これからどこに行くんだ自分・・・そんな途方もない迷いと後悔がありました。

それが、私の初日だったのです。


それからというもの「時計を見るな!あくびをするな!もう一回!お腹を引き上げろ!つむじから上に引っ張られているように!」と、体育会系の指導を受けています。

しかしそれはバレエの技術だけではない、物事に対する向き合い方や学ぶ姿勢、人の在り方というものを学んでいる気がします。

おかけで私の、プライドという鎧も少しは壊れたと思います。


また今年一年も、しっかりレッスンを受けていこうと思いました。


最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page