• 渡邊 優

2030年全てが加速する世界に備えよ。著ピーターディアマンディス&スティーブンコトラー

こちらの本を読みました。2030年から飛躍するテクノロジーによって人類が進む先を示しています。陰謀論や都市伝説などではなく、現実に起こる技術革新、5G、AI、AR、VR、医療、食料問題、宇宙開発、電気自動車、自動運転、空飛ぶ車、デジタルマネー、不動産、3Dプリンター住宅、学校教育、仕事のあり方、保険金融、気候変動、クリーンエネルギーへの移行など、これから一気に進む変化の内容と、我々の生活にどのような変化が訪れるのかを説明しています。


私が思うに、このような新たな時代が訪れる時には破壊と創造が必要になると思いました。

恐らく今という時代はその移行期にあたり、これから旧態依然の仕組みの破壊と、新たな時代に向けての創造が始まるのだと思います。(早い方はもう始まっている?)


そしてそれに伴い、私個人の意識も変えていかなければならないと思いました。

古い考えや依存した意識を捨て、自立した意識へと変えてゆく。それは自分を生きていくことへの強さや、引き受けていくことへの責任感、もう誰に求めるでもなく、頼るでもない、そんな自分へとなっていく。


時代も変わるけど、私も変わる。

それが大切なのだと思いました。



最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると