• 渡邊 優

2030年全てが加速する世界に備えよ。著ピーターディアマンディス&スティーブンコトラー

こちらの本を読みました。2030年から飛躍するテクノロジーによって人類が進む先を示しています。陰謀論や都市伝説などではなく、現実に起こる技術革新、5G、AI、AR、VR、医療、食料問題、宇宙開発、電気自動車、自動運転、空飛ぶ車、デジタルマネー、不動産、3Dプリンター住宅、学校教育、仕事のあり方、保険金融、気候変動、クリーンエネルギーへの移行など、これから一気に進む変化の内容と、我々の生活にどのような変化が訪れるのかを説明しています。


私が思うに、このような新たな時代が訪れる時には破壊と創造が必要になると思いました。

恐らく今という時代はその移行期にあたり、これから旧態依然の仕組みの破壊と、新たな時代に向けての創造が始まるのだと思います。(早い方はもう始まっている?)


そしてそれに伴い、私個人の意識も変えていかなければならないと思いました。

古い考えや依存した意識を捨て、自立した意識へと変えてゆく。それは自分を生きていくことへの強さや、引き受けていくことへの責任感、もう誰に求めるでもなく、頼るでもない、そんな自分へとなっていく。


時代も変わるけど、私も変わる。

それが大切なのだと思いました。



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ