top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ここ最近続いている悶々とした感覚。

昨日は先生との個人セッションでその自分の黒パターンに気がつきました。


その黒パターンの一つとして

●いつまでもそこにいてはダメだ、という黒パターンがあります。

この黒パターンの言い分は、なぜならば、理想の自分とはほど遠いし、いつまで経っても進歩がないし、どんどん周りとも差がついて置いていかれる。というもの。


だから、いつまでもそこにいてはダメだと、パターンは思っています。


そもそもこれをやる理由として、黒パターンをなくすためにやっているのではなく、理想になりたい為にやっているのでもない、理想じゃない自分を許すためにやっている、ということを教えられました。


散々これ系のパターンはケアをしてきたつもりでしたが、また理想を求めていたのです。

理想の自分になれれば、強くなって、傷つくことも、嫌なことも、苦しむこともなくなり、パターンは無敵になれると思っているのです。スーパーマンです。ヒーローです。冷静に考えたらまぁ、無茶な話です。しかしそれだけ怖くて不安な分、保身が欲しいのです。


ここは一つ基本に立ち返り、丁寧にケアをしていこうと思います。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page