• 渡邊 優

あの人いい人だな、ウマが合うな、と思っていたら、心にもないことを言われて傷ついた。

あいついつも憎まれ口を叩いて嫌なやつだな、と思っていても、自分にだけ気を使ってくれたり、優しくしてくれるといい奴だな、と思えてしまう。

またあいつは酷い奴だ、と思っていても、自分を大切にしてくれたら良い人だと思えてしまうし、この人は誰に対しても優しくて、心の綺麗な人だな、と思っていても、自分にだけ優しくないと嫌な奴だと思えてしまう。


結局のところ、誰に対しても、思い通りじゃなきゃ嫌だ、という黒パターンがあるのがわかります。

「全て思い通りじゃなきゃ嫌だ」

今改めて考えてみても、この黒パターンが全て支配してきたのだと思います。

思い通りにならないからストレスになり、思い通りにならないから鬱積が溜まる。腹も立つし頭にもくる。そうやってず〜っと思い通りにしようと戦ってきたのだと思いました。目の前の事象と、誰かと、自分自身と。そうやって自分も他人も否定していたのです。


もう受け止められる自分になろう。

これを自分の中心に置いていこうと思いました。

もう争わなくていいと。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで