top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

黒パターンを一つ見つけると、自分が一つ自由になっていく。そんな感覚を最近覚えます。


以前は、黒パターンは厄介で、自分を苦しめるレベルの低い、いけないもの、そう意味づけていました。だから日記に、自分の黒パターンのことを書くことも、オープンにすることもどこか避けていました。また同じように他人から、レベルが低いと思われることを恐れていました。

きっと世間や社会から、ネガティブはいけないもの、ダメなものと教わってきたせいかもしれません。


しかしそんなネガティブな黒パターンにもプラスの意味づけはあって、最近は、囚われやこだわりから自由にする、解放する、自分らしさに気づける、楽にさせる機会を与える、現実的になる、鍛えられる、成長させる、そんな本来の自分に戻れる片道切符のようにも思います。


黒パターンの意味づけが変わると、パターンに対する取り組み方も変わるように思います。

まず、丁寧になります。自分を見るのも、パターンを扱うのも、白パターンを作るのも、一つ一つが丁寧になって、そこには一つのドラマがあると思いました。パターンのドラマです。そうやって頑張って生きてきた、黒パターンのドラマです。そしてこれからは、私が作って選んでいく、新たな白パターンのドラマがあります。いきなり真っ白は無理でしょう!笑


黒から白へと少しづつコントラストが変わっていく、そんなドラマです。

どんなドラマが待ち受けているのか楽しみです。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page