• 渡邊 優

一人になりたくない・・

という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。


このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。

だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んでいるように思いました。

だから一人にはなりたくない、心の支えが欲しいと、パターンは思っています。


またパターンは、自分では自分を守れない、自分で自分を助けられない、自分で自分を支えられないとも思っています。私自身も常に誰かが側にいました。それは、ほとんどが女性でした。女性がいないときは友人でした。パターンの叫びのままに、現実を作ってきたのだと思います。


そして今まさに、毎日毎日、しょっちゅうしょっちゅうこの白パターンを思い出しています。

◯自分の足で立てる自分に俺はなる


それは、誰を頼りにするでもない、自分で自分を守れる、自分で自分を助けられる、自分で自分を支えられる、自分です。


自分の内側で起こることも、外側で起こる現象も、また自分から働きかけることも、全て自分で決めて、受け入れ、引き受けていく、そんな自立した世界です。


今日もそこに向けて歩いて行きます。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで