top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

皆さん以外に自分に厳しい。

こんなことを思ってはいけない、こんなこと考えてはいけない、こうあらねばと、黒パターンはとにかく決めつけて自分を枠にはめようとします。もちろんそうなれないので、自分を腹立たしくも感じます。なんというか、小さい枠に無理やり入れられて窮屈な状態です。


もっと自分に自由を与えてもいいのではないかと思いました。

こんなこと考えてもいい、こんなこと思ってもいい、どうあってもいい。そうやって自分に自由を与えていくと不思議と「こうでなければ、こうあらねば」と力んでいた思いが弛緩するのがわかります。


またあらねばという思いは、他人にも同じような目線でいつしか見るようになります。

そうではない人に対して、イライラする、腹が立つ、なぜなら、自分を見ているようだから・・

自分ができていないものを他人に見たとき、なぜか腹が立つのはこういうことだと思いました。


自分の黒パターンに自由を与えていく。

それは理解や受容といったことなのだと思いました。


最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page