• 渡邊 優

もう何年も前のこと、何なんだ?何が起こった?そんな体験をしたのを覚えています。

まだここまで真剣にワークに取り組んでいなかった時のこと、物事が思い通りにならずイライラMAXの時、ちょっと試しに語りかけ→白黒ワークまでやってみようと思いました。何せあまり信じていなかったのでね。それほど真剣には取り組んでいなかったんですよ。なのでホント試し程度でやってみたんです。ですが、ななな!!なんだ??何が起こった???ホント、マジでビビりました。さっきまでのイライラMAXが嘘のように、何事もなかったように自分の中がスッキリしてしまったんです。この時一番驚いたのは当の本人、私でした。何せ目に見えるもの、お金などを一番信じていたもので・・ストレスは買い物や、遊びや、飲みで発散するのが当然だと思っていたもので・・・


ぶっちゃけそれからです。この世界に魅せられたのは。


それからというものガチでワークに取り組みました。動機はもちろん「早く楽になりたい。」イライラや不快感からサッサと解放されたい!あの気持ちの良い感覚をもう一度味わいたい!!そんな自分本位の動機だったのです。それは今も変わらないかも・・・

しかしそんな語りかけ文もついに1000を迎えそう。。。

昔語りかけ文が500を迎える頃彼女に、俺、黒パターン500個ある・・って言ったら、除夜の鐘(煩悩)の5倍か!と言われたのを覚えています。これは、500もやった、1000もやったから凄いとかでは全くなく、それだけ自分のパターンは強いということ。故に、それだけやらないとパターンは収まりがつかなかったのです。


きっとこれはこの先も変わらずに増えていくのだと思う。

それだけのパターン達と共に、変わらず歩んでいきたいと思います。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で