• 渡邊 優

もう何年も前のこと、何なんだ?何が起こった?そんな体験をしたのを覚えています。

まだここまで真剣にワークに取り組んでいなかった時のこと、物事が思い通りにならずイライラMAXの時、ちょっと試しに語りかけ→白黒ワークまでやってみようと思いました。何せあまり信じていなかったのでね。それほど真剣には取り組んでいなかったんですよ。なのでホント試し程度でやってみたんです。ですが、ななな!!なんだ??何が起こった???ホント、マジでビビりました。さっきまでのイライラMAXが嘘のように、何事もなかったように自分の中がスッキリしてしまったんです。この時一番驚いたのは当の本人、私でした。何せ目に見えるもの、お金などを一番信じていたもので・・ストレスは買い物や、遊びや、飲みで発散するのが当然だと思っていたもので・・・


ぶっちゃけそれからです。この世界に魅せられたのは。


それからというものガチでワークに取り組みました。動機はもちろん「早く楽になりたい。」イライラや不快感からサッサと解放されたい!あの気持ちの良い感覚をもう一度味わいたい!!そんな自分本位の動機だったのです。それは今も変わらないかも・・・

しかしそんな語りかけ文もついに1000を迎えそう。。。

昔語りかけ文が500を迎える頃彼女に、俺、黒パターン500個ある・・って言ったら、除夜の鐘(煩悩)の5倍か!と言われたのを覚えています。これは、500もやった、1000もやったから凄いとかでは全くなく、それだけ自分のパターンは強いということ。故に、それだけやらないとパターンは収まりがつかなかったのです。


きっとこれはこの先も変わらずに増えていくのだと思う。

それだけのパターン達と共に、変わらず歩んでいきたいと思います。

最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。