top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンは騒ぐのが普通。

パターンが騒いで、苦しく、辛い時、それが普通だとなかなか思えません。

この苦しみ、辛さから早く抜け出した、逃げたい、楽になりたい、寧ろそう考えるのが普通だと思っていました。しかし、パターンは騒ぐのが普通・・・目から鱗です。


確かに、パターンは騒ぐのが普通で、騒いで私に救済を求めます。この辛さを聞いてほしい、わかってほしい、助けてほしいと、そうすることでしか、自分の存在をわかって貰えないのだと思うのです。そうであれば、パターンは騒ぐのは普通。子供のように騒いで、駄々をこねて、時にはいじけて、不貞腐れて、何とか主人の目を引こうとします。気がついた主人「私」は初めてその存在を知り、耳を傾けます。そうして初めてパターンと私の繋がりが生まれ、救済という作業が始まります。そしてパターンは初めて自分の存在や価値を認められて落ち着き、大人しくなるのです。


パターンが騒ぐとついつい早くどうにかしたい衝動に駆られますが、まずは騒いでいるパターンとちゃんと相対し、向き合うこと、その姿勢が大事なのだと思います。


なぜならば、パターンのリーダーは常に私なのだから。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


bottom of page