top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。


奥さんはご主人に

「女を舐めるな!」

「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」


ご主人

「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」


奥さん

「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」


ご主人

「ほら、いくぞ・・」


そんな一幕に遭遇しました。

確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節があります。

男尊女卑というのでしょうか・・・随分と古い哲学だと思います。


しかし、最近の若者はちゃんと相手を尊重していて、話していて気持ちがいいです。(他を尊重するというのが自然にできてる)男性は穏やかで優しく女性的に、女性は強く逞しく、男性的になっているようにも思います。


世代が交代するってこういうことなんだと思いました。

考え方も、見方も、在り方も、哲学もよりアップデートしていって、洗練されていく。


それは、俺が俺が、私が私が、という在り方から。

私は私、あなたはあなたという、自他を尊重していくという在り方に変わっていっているようにも思いました。


ゴリゴリの昭和生まれの自分、気をつけねば。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page