• 渡邊 優

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。


奥さんはご主人に

「女を舐めるな!」

「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」


ご主人

「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」


奥さん

「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」


ご主人

「ほら、いくぞ・・」


そんな一幕に遭遇しました。

確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節があります。

男尊女卑というのでしょうか・・・随分と古い哲学だと思います。


しかし、最近の若者はちゃんと相手を尊重していて、話していて気持ちがいいです。(他を尊重するというのが自然にできてる)男性は穏やかで優しく女性的に、女性は強く逞しく、男性的になっているようにも思います。


世代が交代するってこういうことなんだと思いました。

考え方も、見方も、在り方も、哲学もよりアップデートしていって、洗練されていく。


それは、俺が俺が、私が私が、という在り方から。

私は私、あなたはあなたという、自他を尊重していくという在り方に変わっていっているようにも思いました。


ゴリゴリの昭和生まれの自分、気をつけねば。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで