top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近頭の中のお喋りが、ほぼほぼ全てがパターンの思考だと思うようになりました。

そして本当の私はそのお喋りを聞いている側の立場なんだと。

そして主導権はこちら側にあると言うことを、パターンにしっかりと示さなければいけない、と思いました。どちらが王で民なのか、どちらが主人で従者なのか、そこをこちら側が忘れてはいけない気がします。


頭の中のお喋りが聞こえたら、今誰が話しているのか、どんな動機か、自分の正しさを証明しようと考えて、保身の思考なのか、もしくは誰かを責めているのか、甘えているのか、それは何故なのか、そう観察察知すると不思議とお喋りは静かになります。


そして本来自分の中にある静謐さ、それを感じられるととても凛として気持ちのいい世界があります。

きっとそこが真ん中で、coolな私なのだと思いました。そこを育てて行こうと思います。


しかしパターンの思考はとめどないです。常に観察を怠らずにすることが最初はとても難しいです。

でも、やる価値がある。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

ความคิดเห็น


bottom of page