top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は茅ヶ崎グループの勉強会でした。

立派な会議室で行った勉強会では、それぞれが各々の課題にしっかりと取り組み、そんな仲間の姿から良い刺激をたっぷりもらって帰ってきたのです。自分も頑張るぞ!と。


各々が抱える課題から自分が何かヒントを得たり、もしくは与えたりと、一見関係ないような出来事でもどこか自分のパターンと通じているところがあり、とても参考になります。

勉強会の醍醐味とはまさにそこにあり、仲間のパターンを通して「あっ、自分にもそういうところあるな」と、自分のパターンに気づいたり、理解が深まったりしながらお互いの成長に知らず知らずのうちに寄与していく。そんな自然な形が私は好きです。


また今回の勉強会では偶然にも各々が自立、ということを考えており、皆んなが思っている自立というものを聞けて面白かったです。またその逆の依存というものも、物質的な依存から精神的な依存まで幅広くあり、一人では捉えきれないところまでカバーできるのも、勉強会ならではの気づきでした。


さあ、今日からまた頑張るぞ!

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page