• 渡邊 優

靴が欲しい、冬物の革靴が・・・

そう思い調べていたところ、店頭とオンライン(ヤフーショッピングや楽天)で値段の差が2000円違う。割合でいうと2割。しかも革靴だからサイズは失敗したくないし、失敗したら靴擦れで痛い思いをするのは目に見えている。そう思うとこんな発想が生まれた。そうだ!店頭で試し履きしてネットで買おう!しかし何か変だ。胸の辺りの違和感と不快感が半端じゃない、何でだろう?と暫く考えると、そうか、、、自分の利益を追うということは非常に利己的な発想なんだな、だからこんなに違和感があるのか。店舗には人件費も家賃も必要だ、値段に差があるのは当然なのだ。

だったら店頭で試し履きして気持ち良く買い物をしよう!そう思いたち一目散に靴屋へGO。

お目当ての靴も店員さんのサポートのもと丁度良いサイズを見てもらい、気持ちよく買い物ができました。し・か・も・2足目半額!!となっており、季節問わず年がら年中履けるだろうと思われるド定番のローファーを半額でゲット!結果、オンラインよりお安く買えてしまった!


お金の稼ぎ方も大事だけど、使い方も同じくらいに大事なのだと体験できた買い物でした。

特にお金を稼ぐことも使うことも、お金そのものを追うことは自分さえ良ければいいという非常に利己的な発想であり、しかも今の時流の流れと逆行している状態なのだと思いました。


この経験に感謝です。






最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同