top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

靴が欲しい、冬物の革靴が・・・

そう思い調べていたところ、店頭とオンライン(ヤフーショッピングや楽天)で値段の差が2000円違う。割合でいうと2割。しかも革靴だからサイズは失敗したくないし、失敗したら靴擦れで痛い思いをするのは目に見えている。そう思うとこんな発想が生まれた。そうだ!店頭で試し履きしてネットで買おう!しかし何か変だ。胸の辺りの違和感と不快感が半端じゃない、何でだろう?と暫く考えると、そうか、、、自分の利益を追うということは非常に利己的な発想なんだな、だからこんなに違和感があるのか。店舗には人件費も家賃も必要だ、値段に差があるのは当然なのだ。

だったら店頭で試し履きして気持ち良く買い物をしよう!そう思いたち一目散に靴屋へGO。

お目当ての靴も店員さんのサポートのもと丁度良いサイズを見てもらい、気持ちよく買い物ができました。し・か・も・2足目半額!!となっており、季節問わず年がら年中履けるだろうと思われるド定番のローファーを半額でゲット!結果、オンラインよりお安く買えてしまった!


お金の稼ぎ方も大事だけど、使い方も同じくらいに大事なのだと体験できた買い物でした。

特にお金を稼ぐことも使うことも、お金そのものを追うことは自分さえ良ければいいという非常に利己的な発想であり、しかも今の時流の流れと逆行している状態なのだと思いました。


この経験に感謝です。






最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page