• 渡邊 優

サーフィンスクールから離れて早1ヶ月、昨日無事にウエットスーツも出来上がりました。

そして離れてみてわかったことがあります。それはお互いに共依存していたということです。先方は黒パターンを満たすべく快感を私に与え、私もそれを有り難く頂いていたというものです。

お金を払う対価として、そこにある良い波や「良かったよ!今の!」などの美辞麗句。

その「ヨイショ!」に乗っかっていた私。今思い出すと非常に恥ずかしく、情けなくもなります。


またコーチからはトラブルになった相手には俺から強く言っておいたから戻ってこいとの話もありました。今までの自分であれば「俺大事にされてる~〜!!」と思い、一目散に戻っていたと思います。

しかし色々と気付いてしまった今ではもう無理です。なぜなら自立をしたいから。


それに比べるとバレエは全く違います。ダメなものはダメだとハッキリ言い、本気でレッスンに打ち込んでいれば本気でバレエを教えてくれます。やりたい者だけがやり、やりたくなければ来なくていい。美辞麗句などの余計なものが一切ない、至ってシンプルな自立した世界です。また甘えなどの意識も一切ありません。甘えなどがあったらきっと怒鳴られるのでしょう。けどその姿勢が気持ちいいのです。ベタベタ依存することのない、バレエのことだけに集中し、そこだけを求める世界が。


今回は離れてみて分かったことが沢山ありました。そして離れて良かったと思っています。

自分の生きる場所という、自分で選んでいくことの大切さにやっと気づけたからです。

これからも自分の生きる場所は、私で選んでいこうと思う。

最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると