• 渡邊 優

サーフィンスクールから離れて早1ヶ月、昨日無事にウエットスーツも出来上がりました。

そして離れてみてわかったことがあります。それはお互いに共依存していたということです。先方は黒パターンを満たすべく快感を私に与え、私もそれを有り難く頂いていたというものです。

お金を払う対価として、そこにある良い波や「良かったよ!今の!」などの美辞麗句。

その「ヨイショ!」に乗っかっていた私。今思い出すと非常に恥ずかしく、情けなくもなります。


またコーチからはトラブルになった相手には俺から強く言っておいたから戻ってこいとの話もありました。今までの自分であれば「俺大事にされてる~〜!!」と思い、一目散に戻っていたと思います。

しかし色々と気付いてしまった今ではもう無理です。なぜなら自立をしたいから。


それに比べるとバレエは全く違います。ダメなものはダメだとハッキリ言い、本気でレッスンに打ち込んでいれば本気でバレエを教えてくれます。やりたい者だけがやり、やりたくなければ来なくていい。美辞麗句などの余計なものが一切ない、至ってシンプルな自立した世界です。また甘えなどの意識も一切ありません。甘えなどがあったらきっと怒鳴られるのでしょう。けどその姿勢が気持ちいいのです。ベタベタ依存することのない、バレエのことだけに集中し、そこだけを求める世界が。


今回は離れてみて分かったことが沢山ありました。そして離れて良かったと思っています。

自分の生きる場所という、自分で選んでいくことの大切さにやっと気づけたからです。

これからも自分の生きる場所は、私で選んでいこうと思う。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。