• 渡邊 優

開示について考えていました。

この日記もそうですが、日記を通じて自分のことを開示し、道場で開示をし、またセミナーや勉強会でも開示をしています。


しかし世間では、自分を開示することに対して、どうも弱みを見せる、ジャッジの対象となる、負ける、そのように捉えている男性が多いのではないかと思いました。

そして自分のことを思い返してみても、確かにそのように思っていたと思います。

自分の内側を見せることに対して、恐れや不安を抱き、抵抗感を持っていました。

それは同じように、開示をするということは自分の弱みを見せることだと思い、弱みを見せる=戦いに負けると思い込んでいたのです。


しかし今開示について思うことは、開示には勇気や正直さや誠実さがあり、人と関わる上での潤滑剤になると思っています。そして自分はこういう人間です。という表明も現れていると思います。


開示をするには勇気がないとできないと思います。

もしかしたら批判やジャッジを受けるかもしれません。それでも勇気を持って自分の内側を見せていく、それ自体がとても尊いことのように思いました。

そう考えると道場の方達はみんな凄いんだな、強者だ、と改めて思うのです。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で