• 渡邊 優

私が6年間通っているサーフィンスクールを近々辞めようと思う。しかし、そこで問題が生じた。

辞めることをコーチに言いづらいのだ。なぜだ?なぜ言いづらいのだ?よくよく考えてみた。

なぜなら、散々世話になったのに恩を仇で返すようだし、辞めるといったらきっと冷たくされるだろうし、冷たくされたら傷つくし、自分も恩は仇で返されたくない。だから、言いづらいのだ。


でも、もうやめたいのだ。やめて、自分の足で立ちたいのだ。誰にも縛られずに、自分で決めて、自分の足で立ちたいのだ。最近何の巡り合わせかわからないが、ちゃんと言え!と言うサインが出たり、夢で似たような場面に遭遇し、相変わらずにちゃんと自分の気持ちを言えずにモヤモヤしている自分がいる。勿論寝起きの気分は悪く、その度に、これだよな。と、自分の課題を認識している。

しかし、自立するとはそう言うことだ。自分の内側の問題を全て引き受けて実践していくことなのだ。


もう、何者にも依存しない自分を作りたい。

そのためには、ちゃんと自分の気持ちを言える自分になる。

を、選び切るしかない。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ