• 渡邊 優

私が6年間通っているサーフィンスクールを近々辞めようと思う。しかし、そこで問題が生じた。

辞めることをコーチに言いづらいのだ。なぜだ?なぜ言いづらいのだ?よくよく考えてみた。

なぜなら、散々世話になったのに恩を仇で返すようだし、辞めるといったらきっと冷たくされるだろうし、冷たくされたら傷つくし、自分も恩は仇で返されたくない。だから、言いづらいのだ。


でも、もうやめたいのだ。やめて、自分の足で立ちたいのだ。誰にも縛られずに、自分で決めて、自分の足で立ちたいのだ。最近何の巡り合わせかわからないが、ちゃんと言え!と言うサインが出たり、夢で似たような場面に遭遇し、相変わらずにちゃんと自分の気持ちを言えずにモヤモヤしている自分がいる。勿論寝起きの気分は悪く、その度に、これだよな。と、自分の課題を認識している。

しかし、自立するとはそう言うことだ。自分の内側の問題を全て引き受けて実践していくことなのだ。


もう、何者にも依存しない自分を作りたい。

そのためには、ちゃんと自分の気持ちを言える自分になる。

を、選び切るしかない。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、