• 渡邊 優

道理とかケジメがわかっていない人が多すぎる、と思いました。


世の中のルールやマナー、ドタキャンなど、お店や誰かに迷惑をかけ、その尻を自分で拭かない、大の大人が大切なことに触れずに逃げる。

という非常にがっかりする出来事を受けました。

「道理は通すべき」という黒パターンは私の問題なので自身でケアするとして。


しかしこの道理やケジメ。

これをしっかり通さないと逃げる生き方となり、周りに迷惑をかけ、自分自身をも弱くしてしまうと思います。


かくいう私もこの自分の責任から逃れようとしていた時期がありました。

しかしある事件をきっかけに、道理やケジメからは逃げられない、寧ろ必ず取らされる。という強烈な体験をし、今に至ります。


強くある、正しくあるとはどういうことかと、今一度考えさせられ、自分はこうありたいと認識させられる出来事でした。


自分の中に一本、しっかりとした芯を持つ。

これは、忘れないでいきたいものです。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で