top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

もう何年も前に作った昔の語りかけを見ました。

もうそれこそ、あんなこと言われたこんなことも言われた。腹が立った、不快だ、悔しい、ムカつく、などなど、それこそ愚痴のように、一つの語りかけで沢山の事が書かれていました。そして随分と苦しかったんだろうなと思い返していました。でも、どうして苦しいいんだろうと思うと、それはやっぱり、パターンに振り回されるからだと思うのです。


例えば、自分は正しいという黒パターンが強ければ、自分の正しさに振り回されるし、負けたくないというパターンが強ければ、勝ちへの執着に振り回されるし(負けは許されない)自分の方が上だのパターンが強ければ、上への執着に振り回される。(下は許されない)そうやって振り回されて生きるから疲れるし、苦しいし、疲弊するのだと思うのです。しかも他人ではない自分のパターンに、だから尚更に苦しいのだろうと思います。


こうして昔の語りかけを見ると、パターンの言い分を一つ一つ聞いて、そうこうしていくうちにパターンも少しづつ落ち着いてきて、やっと少しづつ自分が楽になってきたんだと思いました。このワークにも随分と助けられてきたな〜と。しかしもう、振り回されて生きるのはいやだな。




最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page