top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は父親が旅行に行っていたので、母親と二人で食事に行ってきました。

2人でしゃぶしゃぶを食べてきたのですが、よっぽど嬉しかったらしく、機関銃のように色んなことを話していました。その殆どが父親の愚痴や過去のことなんですが、きっと母のパターンは、ずーっと誰かに解ってもらいたい、聞いてもらいたいと思っていたのでしょう。正直、何回も聞いてきた話ではありますが、それだけ悔しかったのか、寂しかったのか、悲しかったのか、色んな思いが交錯して、今の今まで残っているのだと思います。


私も以前はそうでした。

心の中にあるシコリというか、過去のことに囚われて停滞してしまう想いは、その時の感情に縛られて、恨みつらみとして残っていました。そこから解放できたのはこの学びのお陰でもあったし、自ら自分を省みて、紐解きながらワークをしてきたからです。


全員が全員、それを望んでいるとは思いませんが、少しでも過去に抱えているわだかまりや苦しさから解放されるのは、生きていく上で身軽になれると思います。


正直、母親にもそれを望んでいませんが、今は私が話を聞くことで、少しでも軽くなれればいいと思っています。そうやって向こうに旅立ててればいいなと。


色んなことを断捨離する期間とは、こういうことも含まれるのだと思いました。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page