top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日の「自分の得になる人としか付き合いたくない」

この自分の黒パターンに気づいた時、軽いショックを覚えました。

それは、なんて自分勝手で嫌なやつなんだ、自分は・・・

そんな自分に対しての幻滅であったり、がっかり感であったりと、放心するようなショックを受けたのです。勿論これも、自分に理想を求めるパターンが感じていることなので、こういった反応が出るわけですが、心底思ったのは、いい加減自分を変えたい。そういった思いでした。


それは、この損得で人と付き合うとどこか人間関係に血が通っていなくて、俺がお金を稼ぐ代わりに俺のことを大切にして欲しい、理解して欲しい、敬って欲しいなど、そして相手も理解して大切にする代わりに安定や生活の保証が欲しいというように、本人達は口には出さないものの、無意識で取引のような関係性に陥ってしまうのです。


昔結婚していた時や、付き合った彼女との喧嘩の際、俺だって、私だって、こんな思いをした、こんなことだってした、私だって尽くしたと、自分のことばかりを主張していたのを思い出します。

乱暴な言い方をすれば、お互いが差し出したものの取引が見合わない。そういったことだったと思います。


そして何よりも「自分の得になる人としか付き合いたくない」そのような方とは私だって付き合いたくないのです。非常に利己的だし不愉快です。


だから、いい加減に自分を変えたい。

その先にある、損得ではない関係性。そのちゃんとした血の通った体験をしてみたい。

そう強く、今日も改めて思うのです。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page