• 渡邊 優

今週のバレエレッスンは爪先から頭の先まで、引き上げるをテーマに姿勢に注意していました。

ちょうど頭の先にあるつむじから天に向かって引き上げられている感じ。それを意識しなさいと以前に言われたことがあり、身体の内側から引き上げて頭頂部から引っ張られる、そんな感覚です。


そうすると不思議と身体の内側(心)も真っ直ぐに整えられ、内側にある余計なものが削ぎ落とされる。そんな感覚になるのです。

日々自分を見てワークをするのとは違い、自分の外側、身体からのアプローチで心までもが正しく、真っ直ぐになるのです。そこにはあれこれ考える思考も、邪な思いも、他人さえも介入しない自分だけの正しさ、真っ直ぐさがあります。

これはバレエをやったことがある方ならきっと同じ感覚がわかると思います。


バレエの指導者を見ていると、この正しい感覚を持っているので、どこか人とは違った印象を受けます。それは誤魔化しや嘘、小狡さ、言い訳といった、黒パターンの好物とも言うべきものが介入しないのです。ですから、その指導者の在り方からはいつも良い刺激をもらっています。


そうやってあらゆるところから自分の成長を後押しする。

これって、幸せなことなんだと思う。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。