• 渡邊 優

今週のバレエレッスンは爪先から頭の先まで、引き上げるをテーマに姿勢に注意していました。

ちょうど頭の先にあるつむじから天に向かって引き上げられている感じ。それを意識しなさいと以前に言われたことがあり、身体の内側から引き上げて頭頂部から引っ張られる、そんな感覚です。


そうすると不思議と身体の内側(心)も真っ直ぐに整えられ、内側にある余計なものが削ぎ落とされる。そんな感覚になるのです。

日々自分を見てワークをするのとは違い、自分の外側、身体からのアプローチで心までもが正しく、真っ直ぐになるのです。そこにはあれこれ考える思考も、邪な思いも、他人さえも介入しない自分だけの正しさ、真っ直ぐさがあります。

これはバレエをやったことがある方ならきっと同じ感覚がわかると思います。


バレエの指導者を見ていると、この正しい感覚を持っているので、どこか人とは違った印象を受けます。それは誤魔化しや嘘、小狡さ、言い訳といった、黒パターンの好物とも言うべきものが介入しないのです。ですから、その指導者の在り方からはいつも良い刺激をもらっています。


そうやってあらゆるところから自分の成長を後押しする。

これって、幸せなことなんだと思う。

最新記事

すべて表示

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ