top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

流れに身を任せる、天の流れに。

それはあらゆる覚悟を持つ、ということや、天の流れを信じ、宇宙の一員である私たちもその流れと共にあるということ。これは変えようのない事実なのだと思います。

だから、その流れに逆らい、争うと苦しくなるのだと思いました。


宇宙は利他でできていると、先日のセミナー後の補講で学びました。

宇宙自体が利他としてあり、我々はその恩恵を受けているのだと。

それが、今自分の周りにある全てであり、自分自身であるのだと思います。

逆に言えば、利己的に生きれば生きるほど苦しく、宇宙に逆らう生き方となります。

争えば争うほど、苦しく、辛い生き方になるのだと思いました。


黒パターンの苦しさとはここからきていたのだと納得しました。


自分が一生懸命獲得してきたと思ってきたものは、実は全てそこにあり、与えられていたというもの。獲得してきたと思っていたのは実は黒パターンでだったということ。


流れに身を任せるとは、どんどん黒パターンからの執着から離れていく気がします。

そして、安心できる道のりなのかも知れないと思いました。




最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page