• 渡邊 優

昨日は実家に姪っ子が遊びに来ると聞いたので、私も参加してきました。

姪っ子は横浜市役所の福祉課に勤めたいらしく、今月公務員試験を受けると言っていました。

そして福祉課とはどんな仕事をするのか聞いたところ、ネグレクトやDVの親から子供を保護したり、施設への斡旋や手配などをするとのことでした。


なんで福祉課に勤めたいのかと更に聞いたところ「安心できる社会を作りたいから」だと聞いて、ビックリしました。若干22歳でそのような考えや動機を持ってこれから仕事をしていこうとしているのです。そして周りの友達もそうなのかと聞いたところ、結構多いと言っていました。


そして話はさらに進み、同級生では「俺は俺は、私は私は」そういう感じの子はいないの?と聞いたところ「いるにはいるけど、昔ほど今の人たちはないと思うよ、人間性は上がってると思う」と答えが返ってきたのです。


それを聞いたとき、明らかにミームの違いを感じました。そして自分はもう、この子達の足を絶対に引っ張ってはいけないな、と思ったのです。

こういう子達がこの先の日本や新たな時代を引っ張っていくのだと思います。

若干22歳にして、自分を使って他のために仕事をしようと考えている。ここに精神性の違いを感じました。公務員になると言うと、安定しているから、定時で帰れるからなどの、条件で選んでいるのだとばかり思っていましたが、姪っ子のように、真剣に社会を良くしたい、虐待をされている子供たちを救いたいと思い、昨年夏のインターンを受けてこれから職に就こうとしようとしています。お金でも、自分のためでもない、社会のためというとこに感動しました。


自分ができることといえば、もうそういう子達の足を引っ張らないこと。

具体的には、もう黒パターンを使わないで、とにかく白パターンを選び切るということ、それに尽きるのだと思います。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。