top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は実家に姪っ子が遊びに来ると聞いたので、私も参加してきました。

姪っ子は横浜市役所の福祉課に勤めたいらしく、今月公務員試験を受けると言っていました。

そして福祉課とはどんな仕事をするのか聞いたところ、ネグレクトやDVの親から子供を保護したり、施設への斡旋や手配などをするとのことでした。


なんで福祉課に勤めたいのかと更に聞いたところ「安心できる社会を作りたいから」だと聞いて、ビックリしました。若干22歳でそのような考えや動機を持ってこれから仕事をしていこうとしているのです。そして周りの友達もそうなのかと聞いたところ、結構多いと言っていました。


そして話はさらに進み、同級生では「俺は俺は、私は私は」そういう感じの子はいないの?と聞いたところ「いるにはいるけど、昔ほど今の人たちはないと思うよ、人間性は上がってると思う」と答えが返ってきたのです。


それを聞いたとき、明らかにミームの違いを感じました。そして自分はもう、この子達の足を絶対に引っ張ってはいけないな、と思ったのです。

こういう子達がこの先の日本や新たな時代を引っ張っていくのだと思います。

若干22歳にして、自分を使って他のために仕事をしようと考えている。ここに精神性の違いを感じました。公務員になると言うと、安定しているから、定時で帰れるからなどの、条件で選んでいるのだとばかり思っていましたが、姪っ子のように、真剣に社会を良くしたい、虐待をされている子供たちを救いたいと思い、昨年夏のインターンを受けてこれから職に就こうとしようとしています。お金でも、自分のためでもない、社会のためというとこに感動しました。


自分ができることといえば、もうそういう子達の足を引っ張らないこと。

具体的には、もう黒パターンを使わないで、とにかく白パターンを選び切るということ、それに尽きるのだと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page