top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターン的に、責められている気がする・・・

私のお場合、ピアノのレッスンの時がそのパターン(責められたくない)に多いに引っかかります。

大袈裟ではなく、まあ言われる言われる・・・これでもかと・・そしてパターンは不快感を感じます。

責められているような、怒られているような、ダメ出しされているような、そんな捉え方をします。そしてそこに引っかかると、やる気をなくすんです。もういいやと。。。

そしてパターンに気づいて「アドバイスとして受け取ろう」を選び変えます。


今まで色んな事をやってきましたが、途中で諦める時って、こんな感じでパターンに支配されてやめてきていると思うんです。ものになる前に、やり切る前に、達成する前に、自分には無理だ、あの人は元々できる人なんだ、そのセンスや頭脳がない自分は仕方がないとして、諦めてきました。


パターンに支配されると道がひらけなくなると思うんです。自分を見ていて本当にそう思います。本来ある可能性も、未来も、希望もです。だから、早くケアして白パターンを選んだ方がいい。

今日のピアノのレッスンでそんなことを思いました。


さあ、練習するか!まずは譜読みから。頑張れ俺。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page