• 渡邊 優

以前、貧乏にはもう絶対になりたくないというパターンをここで書きましたが、このパターンは、貧乏は悪だという固定観念を持っていました。

貧乏にはいいところは全くない最悪の状態だとパターンは思っていたのです。

なぜなら、貧乏は争いが絶えないし、心が歪んで卑屈になる。だから貧乏は最悪だと決めつけてたんですね。


そして最近、このパターンの持つ貧乏についての中立ワークをやってみたところ、実は貧乏にも良いところはあったのです。

それは、お金の大切さを学べる、貧乏の気持ちがわかる、仕事の大切さを学べる、根性がつく、強くなるかも・・・などです。


パターンは一方通行だからついついその方向だけで物事を捉えがちです。

しかしこうして見てみると、貧乏に限らずあらゆることにプラスとマイナス、メリットデメリットがあると思えます。

色々な見方を身につけていく。

それが新たな世界の入り口なんだと思いました。


どんどん作っていこう、新たな価値観を。



最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com