• 渡邊 優

今日ひょんなことで、負けた感を味わいました。

この負けた感は「負けたくない」「舐められたくない」「俺の方が上だ」こういったパターンから生まれた感情でした。

その感情は、負けて悔しい、腹が立つ、ムカつく、チッ!というものです。


でも、この負けた感を抱くパターンをよくよく考えてみると、自分より上で、明らかに勝てない、もしくは各々の先生方相手には全く出てこないのです。

そしてさらに考えてみると、パターンから見た「自分よりも下」もしくは「同等」と見ている

"相手に対してだけ"

勝ち負けを判断して一喜一憂しているのです。


自分の方が上だと思っているから、見下しているから腹が立ち、自分の方が勝っていると思うから、舐めているから悔しいのです。

また、その逆も然りで、勝てば優越感を覚えて調子に乗り、自分は上だと自信を持つ。

しかも「自分よりも下」もしくは「同等」と見ている"相手に対してだけ" に。


やもすると「最悪」と思われそうな私のパターンですが、このパターンもやっぱり、そのままでいい、そこにいていいと、受け止めていきたい。そしてもう、勝ち負けの世界からは降りようと思いました。

最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同