top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

負けたくない。

昔に比べたら随分と静かになった私のこのパターンですが、それでも確実にあるのは分かります。


負けたくないというパターン。なぜ負けたくないのか・・それはきっと、自分の方が上と思っていて、だから負けたらプライドが傷ついたり、ショックだったり、悔しかったりするのだと思います。私のパターン的には、自分よりも格下だと思う人に負けるのが一番嫌で、どんな勝ち負けを見てもそれが一番ショックだと思いました。更に言うと、そんな負け犬のような惨めな自分は嫌だし、そんな自分に対しての他人からの目線も怖かったです。


そんな他人からの評価も加わり、尚更勝ち負けへの執着が強かったのだと思います。


しかし、その執着が薄まってきて今思うことは、勝ち負けに執着して頑張るよりも、自分のために頑張る方が気持ちがいいと言うことです。


何かを習得するための技術もそうですし、人間的な成長もそうです。

自分のために頑張る。誰かと、何かと張り合うのではなく、自分のための純粋な努力、それが気持ちいいのだと思いました。大事な自分のためにエネルギーを使うと身も心もシャンとして、気持ちが良いのだと思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

コメント


bottom of page