top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンでいるとき、私は自分の居場所がわからなくなります。

それは自分の位置やレベルとも言えますし、現実の自分とも言えます。

自分には良いところと悪いところがある、というパターンで自分を見ていると、自分を否定したり肯定する自分がいて、それを無意識に選んでいました。ですが、良い悪いの世界から少し離れて自分を見たとき、初めて自分のいる位置がわかる気がしました。それはリアルな自分であり、未熟な自分です。それは決してダメな自分ではなく、ありのままの自分です。ありのままの自分を知って初めて、謙虚さというものに気付かされました。


それまで私の謙虚さとは、自分を卑下することだと思っていましたが違ったのです。自分が今いる場所、現実を知ることこそが、謙虚にさせられ、学ぼう、頑張ろうという意識が芽生えるのだと思いました。

甲乙つけずにありのまま自分を見るからこそ、謙虚さと共に再出発ができるのだと思います。

それは自分をジャッジせずに自由になっていくことだと思いました。


最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page