top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「認められたい」と言うパターンは、一般的には承認欲求と言うのでしょうか。

このパターンですが、最近は騒いでいませんでしたが、根深くあるのが分かったのでまた語りかけています。ここで思ったのは、パターンは無くなりはしないと言うことです。以前大きく騒いでいたパターンを重視せずにいましたが、沸々とあるものはある、というところに気づいたので、改めて語っています。そしてこれが効果覿面です。モヤモヤしてどこか落ち着かなかった自分が、あるべきところに落ち着いている感触です。彼女という拠り所のない今、拠り所となれるのは私だけなのだと思いました。


私の中での「認められたい」は、「愛されたい、大切にされたい」とセットの印象で、求めているのは母性です。母から思い通り愛されなかったからか・・・もしくはパターンが求めていた愛情と違ったからか・・・愛情が足りなかったからか・・・真相はわかりませんが、大切なのは、それをも凌ぐ愛でパターンを満たしてあげることが「私」にはできるということです。そして満たされたパターンはもう十分と満足して、安心するはずです。


そしてその時にはきっと、本当の母を凌ぐ愛で母をも理解するのだと思います。

その時にはきっと母も安心するのだと思います。


そうやって理解が世代を超え、愛が大きくなっていくのだと思いました。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Commenti


bottom of page