• 渡邊 優

認められたいと思っているパターン。今日はこの私のパターンについて考えてみました。

私のパターンが認められたい、と思っているとき、乾いた感覚、焦燥感が常にありました。

その渇きを自分以外の誰かに満たしてもらおう、潤してもらおうとしていました。しかしそれは失敗に終わります。どれだけ他人に認めてもらっても、満たされることは無かったのです。

寧ろその渇きは増すばかりで、早く気づいてと言わんばかりに、焦るだけでした。

なぜならそれは、自分が一番自分を認めていなかったからです。だから誰かに認めてもらって、その渇きを満たそうとしていたんです。

それでやっと気づいたのが、自分が自分を認めていない以上、誰かにそれを求めても埋まることはないということです。

そして最近選んでいる白パターンが、

◯もう自分で自分を認めていこう。

というものです。

これを選んでいるときは不思議と、腑に落ちた安堵感と、満たされている感じがします。

まさに、今まで選んでいた黒パターンの感覚とは真逆の感覚です。

どれだけ望んでも他人からは得られなかったものが、自ら内へ向いた途端に突然満たされたのです。

望む方向全てが逆だったばかりか、全てが自らの内にあるもので完結出来たのです。


自分で自分を認め、自分を許すことができる。

それだけでパターンは安心していられる。

ただそれだけだったのです。

最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で