top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

認められたい・・・

私にはこの、「認められたい」という黒パターンがあります。

それは、仲間に、先生に、色々な方から自分が認められることによって、自分に自信が持てるようになったり、安心出来たり、自分に価値を感じられるようになると、パターンは思っています。

他者から、自分の自信や、安心や、価値を得られると思っているんです。


そしてこの黒パターンは、認められたら出世ができたり、認められたら信用されたり、認められたら大切にされる、愛されるという、他者や社会からの評価でできているこの世界の中で、自分の持つ価値感ではなく、いつの間にか他者や社会の価値観の中で、自分自身が確立されていると、知恵をつけてきたのだと思います。


しかしこれではいつまで経っても他者の価値観や、他者が中心の世界で生きてしまい、自分の人生を生きることができません。

誰かに認められるために頑張るのではなく、自分の夢や目標の為であったり、自分の成長の為であったり、延いてはそれが回り回って、誰かの力になるという、そんな在り方でもいいと思います。


自分の価値観をしっかりと持ち、自分の足で歩いて行ける自分を作る。

それが、他者から認めれられなくてもいいと思える、本来の「私」の生き方なのではないだろうかと思いました。

きっとこの道は孤高で、迷いも多く、時に不安に襲われるかも知れません。しかし、自分で歩いて決めていくとは、不安を遥かに凌駕する力強さと生命力を感じます。


自分の足で歩いて行こう。

こんな白パターンを選んでもいいと思う。




最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page