• 渡邊 優

私はジャッジをされることを極端に嫌う傾向があります。勿論パターンですが、ジャッジをされることは、ダメだしされる、見下される、馬鹿にされる、プライドが傷つく、低評価、舐められている気がすると思っています。しかし良いジャッジ、高評価をされた時には当然嬉しく思い、浮き足立って優越感を感じます。そしてそれをまた欲しがります。もっともっと、もう一回とエンドレスに。ケンウィルバーはこれをエゴの中毒と言っていました。


そして昨日カウンセリングの先生にも評価について訊いたところ、特に高評価の弊害として、高評価を手放せなくなる、傲慢になる、評価を与えられない人の気持ちがわからなくなる、普通の人の気持ちがわからない、というものでした。


人として一番大事なところがわからなくなる・・・

正直、そんな人間にはなりたくはないというのが本音です。


ジャッジメント、評価について新たな意味づけを持ち、何を選ぶのかを実践していきたいと思います。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で